MENU

銀行系カードローンであれば低金利で大きな金額を借り入れることが可能

「総量規制」をご存知ですね。個人が金融機関から借り入れられるお金の額は、年収の3分の1までと決まっています。1社からだけでなく複数の業者から借りていれば、その総額が規制の対象となります。例えば年収が300万円なら、総額で100万円までしか借りられません。

 

すでに借入があり、これから「おまとめローン」をしようとしている人で、新たに借りるとこの総量規制にひっかかると思った方もおられるのではないでしょうか。それで、そのおまとめを断念された方。この場合、本当に通常の借入も「おまとめ」もできないのでしょうか。実は、そうではないのです。

 

まず「おまとめ」ではなく、特にお金の使い道が決まっていない「フリーローン」の場合ですが、フリーローンでも銀行系カードローンなら総量規制の対象外なのです。
次におまとめローンの場合。おまとめの場合は銀行系だけでなく消費者金融でも借りられる可能性があります。総量規制は利用者に借りさせないことが目的ではなく、借りすぎて苦況に陥ることを防ぐのが目的です。「おまとめ」をすると一般的には返済総額が減り、利用者は楽になります。従ってそういう場合は借りられる可能性があります。
ただし総量規制から除外されても、年収自体は審査対象となります。年収における借入の割合が多いほど、審査では不利になります。しかし、「おまとめ」であれば消費者金融でも借りられる可能性があることは、覚えておいて損はありません。名の通っている、大手消費者金融を選ぶ方が無難でしょう。

おすすめおまとめローンランキング

プロミス


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはプロミスポイントサービスにお申込された方

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


公式サイトへ



実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円

公式サイトへ


モビット


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円 -

公式サイトへ