MENU

銀行系カードローンであれば低金利で大きな金額を借り入れることが可能

銀行系カードローンを利用する際、しっかり確認しておくべきなのが、返済方法です。銀行系カードローンによって、利用できる返済方法・できない返済方法があるので、借入する前に、各金融機関の返済方法を見ておきましょう。ほとんどの銀行系カードローンで利用できる返済方法が、口座から引き落とす方法とATMから返済する方法です。
口座からの引き落としは、自動的に行ってくれるため、返済するために、何かしなくてはいけないことなどはありません。口座を維持して、口座に必要なお金を入れておくくらいです。
引き落としの期日までに返済ができる人、もしくは貸付けてくれている銀行の口座を持っていない人は、ATMから返済できます。自動化されている口座からの引き落としとは違って、返済している実感が湧きます。一部のATMでは小銭(特に10円、1円単位)で入金ができない場合もあるので、気をつけておいてください。ATMからの返済を予定しているなら、事前に確認しておきましょう。
上記2つの返済方法以外に、振込みもあります。指定された口座にお金を振り込むことで返済していくのですが、振込の度に振込み手数料がかかることを忘れないように。返済分にプラスして余分にお金がかかってしまうことになります。
銀行によってはその他にも、インターネットや電話を通して返済できるシステムがあり、銀行系カードローンの利便性はますます高まっています。ご自分の返済の計画に合わせて、これらの返済方法を選んでください。できれば、返済期日まで入金できないという、もしものときにも備えて、期日を過ぎても入金がなかった場合の、各銀行系カードローンの対応も調べておきましょう。

おすすめおまとめローンランキング

プロミス


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはプロミスポイントサービスにお申込された方

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


公式サイトへ



実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円

公式サイトへ


モビット


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円 -

公式サイトへ