MENU

銀行系カードローンであれば低金利で大きな金額を借り入れることが可能

社会的な信用には、どうしても「肩書き」がつきまといます。まずは肩書きを見て人を判断するのが社会です。そして「学生」という肩書きは、社会的信用ということでは、あまり高くないのが現実です。いくら内面が優れていようとも、会社づとめの社会人と、学生とでは、前者の信用のほうが圧倒的に高いと見なされます。銀行系カードローンもまた、学生に対して厳しいと考えてよいでしょう。たとえバイトに精を出してかなりの収入がある学生であっても、審査を受けるまでもなく断られてしまうことがあります。

 

学生に向けられる銀行の視線は厳しいですが、将来性のある大切なお客様であることには変わりありません。学校に通っている人にも積極的に融資してくれる銀行も存在しますので、あきらめずに探してみてください。消費者金融や学生専門カードローン会社に申し込む前に、銀行系カードローンにトライすることは決して無駄ではありません。審査してもらえたら幸運だという気持ちで、銀行を訪ねてみてください。

 

なお、学生にも融資をおこなう銀行系カードローンでは、いくつか特別な制限がなされているようです。特に年齢は問題になります。一般に、20歳以上でないと融資を受けることができませんので、高校生はもちろん、大学や専門学校の1年生では、借りることが難しいでしょう。また、借り入れ限度額も通常より低く、5万から10万円ほどに設定している銀行系カードローンが多くなっています。さらに学生の場合、親の同意書が必要になることもあります。家族に秘密でこっそり借りることは困難でしょう。