MENU

銀行系カードローンであれば低金利で大きな金額を借り入れることが可能

カードローンを大きく分類すると、銀行が提供する「銀行系カードローン」と消費者金融や信販会社などの銀行以外の金融機関が提供する「消費者金融系カードローン」に分類することができます。ちなみに銀行が直接提供するものを銀行カードローン、また銀行グループの一員である消費者金融(アコム・プロミス・レイク・モビットなど)が提供するものを銀行系カードローンと分類する場合などもあるのですが、そちらについては別の解説を参考にしてみてください。

 

銀行系カードローンも消費者金融系カードローンも、いずれも設定された利用限度額の範囲内であれば何度でも自由に借り入れや返済を行うことができます。カードローンとしての基本的な仕組みについては特に違いはありません。ただし銀行系カードローンには消費者金融系カードローンとは異なる、様々な特徴が存在するようです。今回は銀行系カードローンの特徴について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

おすすめおまとめローンランキング

 

銀行系カードローンにはどのような特徴があるのでしょうか?

 

低金利で利用することができます

 

銀行系カードローンの場合には消費者金融系カードローンに比べると、ほとんどの場合にはかなりの低金利が設定されています。カードローンの金利は一定の幅を持たせて表示されているのですが、最も高い金利である上限金利を比較してみると銀行系カードローンが有利であることがわかるはずです。

 

消費者金融系カードローンの場合には上限金利が18%程度に設定されていることがほとんどなのですが、銀行系カードローンであれば上限金利が14%〜15%程度となっていますので、金利の負担を抑えて返済の負担を軽減することができます。特に初めてカードローンに申し込む場合には最も高い金利である上限金利が適用されることが多くなりますので、銀行系カードローンの金利の低さは大きなメリットになるはずです。

 

比較的大きな金額を借り入れることができます

 

カードローンに申し込んだ場合には借り入れができる最大限度額が設定されるのですが、銀行系カードローンの場合には消費者金融系カードローンよりも大きな借入限度額を期待することができるのです。
一般的な消費者金融系カードローンの場合には借入限度額は最大でも500万円程度までしか認められないのですが、三井住友銀行のカードローンであれば最大で800万円まで、またみずほ銀行のカードローンであれば最大で1000万円までの借り入れ限度額が認められます。ただしこれらはいずれも認められる可能性がある最大限度額となりますので、実際の借入限度額については申込者の職業や年収などの各種属性情報に基づいて、それぞれ審査により個別に設定されることになります。

 

審査は厳しく行われることになります

 

低金利で大きな金額の借り入れが可能であることが銀行系カードローンのメリットなのですが、利用条件が有利である分だけ審査は厳しく行われることになります。消費者金融系カードローンの場合には審査は比較的柔軟に行われますので、安定した収入があればパートやアルバイトなどの非正規雇用者でも審査に通過することが可能です。

 

一方の銀行系カードローンの場合には返済能力の審査基準が消費者金融系カードローンよりも厳しくなっていますので、利用するためには職業や年収などの条件が一定以上であることが必要になります。銀行系カードローンの審査に通過できるかどうか不安を感じるという人の場合には、審査に通りやすい消費者金融系カードローンへの申し込みを検討してみてください。

 

銀行系カードローンには総量規制は適用されません

 

総量規制が適用されないことも、銀行系カードローンの大きな特徴だといえるでしょう。総量規制は借り入れができる最大限度額を年収の3分の1までに制限するものであり、貸金業者を規制する貸金業法という法律に基づいた規則になります。消費者金融や信販会社などは貸金業者に該当するため、消費者金融系のカードローンに対しては総量規制が適用されます。
ただし銀行は貸金業者には該当しませんので総量規制は適用されず、年収の3分の1以上の借り入れが認められる可能性があるのです。さらに銀行系カードローンであれば、自分自身の収入がない専業主婦であっても借り入れが認められる可能性があります。
年収が0円である専業主婦は総量規制による借入限度額が0円となるため消費者金融系カードローンを利用することはできないのですが、総量規制が適用されない銀行系カードローンであれば専業主婦でも配偶者の収入などに基づいて借り入れが認められるかもしれないのです。

 

利用目的などに応じた最適なカードローンを選ぶことを心がけてください

 

今回は銀行系カードローンの特徴について確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容について簡単にまとめてみると以下のとおりとなります。

 

  • 銀行系カードローンは低金利で利用することができます
  • 銀行系カードローンでは比較的大きな金額を借り入れることができます
  • 銀行系カードローンでは厳しい審査が行われることになります
  • 総量規制が適用されないため年収の3分の1以上の金額の借り入れが認められる可能性があります

 

様々なメリットのある銀行系カードローンはおすすめのカードローンだといえるのですが、その一方で審査が厳しく行われることや、即日融資への対応が難しいことなどのデメリットもあります。銀行系カードローンの審査に通過できるかどうか不安を感じる人や、すぐにお金を調達することが必要な人の場合には、審査に通りやすく即日融資にも対応できる消費者金融系カードローンへの申し込みを検討してみてください。
銀行系カードローンと消費者金融系カードローンにはそれぞれメリットとデメリットがありますので、しっかりと理解をして自分の利用目的に最適なカードローンを選ぶことを心がけてください。

 

 

おすすめおまとめローンランキング

プロミス


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはプロミスポイントサービスにお申込された方

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


公式サイトへ



実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円

公式サイトへ


モビット


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円 -

公式サイトへ